iPhoneアプリ ソフトウェア開発 就職に有利 | Macの選び方や活用法 おすすめソフト

iPhoneアプリ ソフトウェア開発 就職に有利

iPhoneアプリのソフトウェア開発が

就職に有利になると思われます。

AndroidアプリよりiPhoneアプリ開発の方が就職に有利

ソフトウェア開発の仕事で

就職に有利になりそうなプログラムの分野について

考えてみましょう。

ソフトウェア開発の仕事には

SE、プログラマー、ウェブデザイナー .etc

があります。

私はSE、プログラマーを経験しており、

現在も活躍中^^の1人として意見を述べておきます。

現在、技術者の大人気は

Javaというプログラム言語です。

Windows、MACだけでなく

すべてのオペレーティングシステムで動作する

言語だからです。

私も以前、Javaでプログラム開発をしたことがありますが、

自由自在に使いこなせるかと言えば、

大変な知識が必要で難しいという印象でした。

VB.NETでWeb関係の開発をしていますが、

Javaと比較すると随分、簡単のように感じます。

しかしJava、VB.NETでパソコンをターゲットに開発するより

携帯向けのアプリの方が仕組みが単純になります。

ソフトウェア開発の仕事に就職したいと思っている方は

是非、携帯向けのアプリの開発にトライしてみてください。

現在、スマホの時代になっていますが

iPhoneやAndroidで動作するアプリが流行してきています。

iPhoneアプリはAppleの提供している

xcodeという開発環境を使用するのが主流です。

xcodeの最新バージョンは英語版しかなく

Mac、iPhoneという環境が必要になります。

余程、「iPhoneアプリを開発してやろう!」

という意気込みのある人でないとできないように感じます。

AndroidアプリならWindows環境でオープンソースでできるので

「Androidアプリの開発をやってみようかな?」というレベルでも

トライした結果、多くの人ができるようになります。

以上の理由からAndroidアプリより

iPhoneアプリの開発の方が就職に有利になります。

iPhoneアプリ開発はiPhoneアプリ収益化プログラムを利用すれば

iPhoneアプリを簡単につくることができます。

iPhoneアプリ収益化プログラムは以下の記事で紹介していますので

参考にしてください。

iPhoneアプリ収益化プログラムの紹介

Macに役立つ情報が見たい場合はこちらからどうぞ

⇒ブログランキングへ

Twitter「つぶやく」ボタン

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » Macの選び方や活用法 おすすめソフト

この記事のコメント

この記事へのコメント